朝食抜きのダイエットに隠された危険な落し穴・・・

ダイエットをしようと決心したとき、まずは何を真っ先に考えますか?

私は食事です・・・ダイエット中はとにかく運動よりも食事制限が苦痛で、それによって体重が減る速度も違ってくると思います。

もちろん食事を抜くと摂取カロリーが減るので体重は減少するはずですが、それがダイエット成功にはならないということは何度もリバウンドを繰り返してきた私にはわかります。

摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ脂肪になりますし、逆に少なければ体重が減ります。

でも、この時脂肪だけではなく筋肉も痩せてしまうので、間違った食事制限は健康を損ねるし簡単にリバウンドするので注意した方が良いですよ!

 

以前、摂取カロリーを減らす目的と朝を抜くと痩せるという本が人気だったので実践してみました。

朝はあまり食欲がないので朝食抜きは全く苦にならずむしろ食べなくても良いのが楽に思え簡単に続けることができたのです。

もちろん、その分昼食や夕食はモリモリ食べ、いつも以上に食事が美味しく感じられ全体的な摂取カロリーはそれほど減っていなかったような気がします・・・

それでも以前よりも摂取カロリーが多くなるということはなく、数週間朝は食事を抜くダイエットを続けてみたところ、なんと!体重が増えていたのです。

体重が減っても増えることはないと確信していたので、信じられませんでしたが明らかに太ったのです。

そして午前中にやらなくてはならないことがたくさんあっても、まったく頭が回らずボーとすることが多くなり、自分でもこのままでは危険だと判断し朝抜きダイエットは中止しました。

この時、軽い飢餓状態になっていたようで血糖値がかなり低かったようです。

昼食はかなり空腹の状態で食べるので血糖値が一気に上がり、体にも負担がかかり危険です。

朝抜きダイエットに限らず過剰な食事制限をしていると飢餓状態になり、体が危機だと判断し脂肪を蓄えようと働くそうです!人間の体って生き残るために自分で調節するってことですね。

そして、食事をさほどしなくても脂肪を燃焼しない体になりリバウンドをしやすくなると同時に、痩せない体になるそうです。

朝を抜くことは簡単かもしれませんが、朝摂取したものはその日の活力にもりエネルギーになるので、一番抜いてはいけない食事なのかもしれません。

夕食はもう寝るだけなのにカロリーが高い物を食べがちで、そのカロリーを減らず方がよっぽど効果があるのではないでしょうか?

 

このブログ記事について

このページは、chalengeが2015年5月15日 11:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「そのニキビの原因、顔ダニかもしれません・・・」です。

次のブログ記事は「骨盤が原因!?骨盤のゆがみからくる様々な症状・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。